IBM のサーバー機 xSeries 220 8646-4AJ

Windows2000 Servsr

CPU:Pentium III 1.26GHz RAM:512MB

ハードディスクドライブ  Ultra160 SCSI(SCSI 80pin)(3.5inch) 18GB×3 (回転数:10krpm)

 01  処分依頼で預かってきました。

 

本体総重量が20kgもあり運搬はかなり重たかったです。

 

当初CDブートでHDD内データー消去を行いたかったのですが

サーバー仕様のためプログラムがエラーがでて起動不能

よって、ここは確実な物理的破壊でデータ漏洩防止策としたく

IBM xSeries 220 8646-4AJ

(24P3674 18.2 GB SCSI Ultra160 (16-bit)

HDDを外そうと考えました。

 

マウンタからは容易に取り外せましたが・・・

13 

マウンタとの固定ネジは星形の特殊ネジで一般には使わないので

工具を持ち合わせいません。

12

 

ヘクスローブレンチ 8Tが必要でした。

複数本入ったセットをホームセンターで探しましたが見つからず

 

L型ヘクサロビュラレンチセット 6ピース

 [サイズ] T4、T5、T6、T7、T8、T10

使いやすそうさ単体のヘクスローブ 8T ドライバタイプを購入しました。

  3.5″インチHDDであれば8T一本で間に合いそうです。

ノートタイプの2.5″インチだとT6が欲しくなりそうです。

 

専門業者さんですとボール盤でドリル穴貫通させるようですが

そんな強力なモーターはないので諦めます。

以前自動車部品 金型屋に勤めていた事があるのでドリルの使い方はわかります。(^^;

 

 

14

まずは6本のネジをゆるめます。

蓋の隙間は空くのですが空割りができない・・・・

 

15

シールラベルの下に2本 ネジがあったのでした。

シールをめくり 残り2本のネジをゆるめて空割りができました。

 

17

HDD中身を見たことはありますが、久しぶりにまじまじとみます。

 

18

 

鏡のようにテカテカしている円盤がデータ記録されている プラッタ です。

 

中身が見えてますからあとの破壊工作は容易です。

キズをつけ、 曲げてしまえば読み出しは不可能です。

 

当時かなりお高いマシンだったと思いますが,10年経過した現在 中古機で7万円程で

売られています。

1台 3万円程HDDが3基まもなくスクラップとなります。